ねずみ屋根裏の駆除をするやり方3つ

subpage01

ねずみ屋根裏から駆除をする方法には、毒餌を置く、粘着シート型の罠を使う、大きいカゴ型の罠を設置などがあります。

ねずみは常に何かを食べていないと生きていけないので、毒餌を口に入れる可能性が高いです。毒餌の大きさは豆粒程度ですが、屋根裏日が当たらない暗い場所なので餌と誤解してもおかしくないです。

日本経済新聞の情報を公開しているサイトです。

ねずみ屋根裏で毒餌を食べると、すぐには効果は出ませんが数時間経過すると体内で毒が溶けだしてやがて死に至ります。
その時に死んだねずみは地面深く穴を掘り、その穴の中へ埋葬してあげるといいです。

粘着シート型の罠はそのままねずみ屋根裏へ置くと効果がない場合があるので、罠の上にチーズを細かく切って乗せます。


ねずみは鼻が敏感なため、チーズの香りにつられて罠の上に乗る確率が高いです。
他にもねずみがいないと判断した時は、罠を市の燃えるゴミ袋に入れましょう。

超音波でねずみ駆除のための情報を提供するサイトです。

ねずみが大きい時は、大きいカゴ型の罠を屋根裏に設置して罠の中に肉の細切れを入れます。

この罠を使うコツは設置した後、意識を完全に屋根裏から離して忘れてしまうことです。

獲物は姿が大きいほど周囲の危険に関して敏感になるので、忘れてしまうことにより動きを活発化させることができます。罠に入ると大きな悲鳴のような声が響くので、聞こえたらすぐに罠のほうへ向かいます。



捕獲が成功していたらねずみを処分することになりますが、きついと感じる時は人里離れた山の中へ放してくるのもいいです。