うるさいねずみ屋根裏対策法

subpage01

日本の住居付近で出現するのは、ドブネズミ(大)・クマネズミ(中)・ハツカネズミ(小)ですが、泳ぎは得意である代わりに壁伝いが苦手なドブネズミは、あまり住居では見られません。

大抵のご家庭ではクマネズミ(体長15〜25cm)がほとんど。


まわりに田畑が多い場合、農産物やワラの下に生息するハツカネズミが侵入することがありますが、6〜10cmと非常に小型。


警戒心が低いため、すぐに罠にかかりやすく駆除しやすいです。


問題は、通常の市街地の邸宅に侵入するクマネズミ。

物が移動したり新たな物が置かれているだけで警戒したり、何匹か罠にかかるとそれを見て学習し、次からはかからなくなるなど警戒心・知能が高いため厄介です。

短期で一気に片をつけなければなりません。


ねずみ屋根裏対策と称したのは、クマネズミはキッチンで食事を、屋根裏で大運動会を繰り広げるのが習性だからです。

日本経済新聞の有益な情報をお届けします。

ドタドタと屋根裏で音がしたらクマネズミのしわざと思って良いでしょう。



キッチンの対策は、人間の食事の食べこぼしの清掃、生ゴミはこまめにプラケースにきっちり移してゴミの日まで保管、ねずみが齧りそうな袋入りの食物を含め、石鹸や化粧品など全てプラケースに厳重保管。

目的別の超音波でネズミ駆除に関する口コミ情報を募集しています。

食料対策を行うことによりエサがなくなり、キッチンに出入りしなくなります。


あとは、巣となっているねずみ屋根裏対策。

ここではじめて罠を用いましょう。
ねずみ屋根裏となった空間で、忌避剤や専用の煙を炊くのも効果的。

もちろん、再度侵入を防ぐために金網で侵入経路となる通風口を塞ぎましょう。